読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイピングダイアリー

正直な日記ついでに文章速度向上やタイピング技術の向上をめざしたブログです。

私のどこが好きという愚問

女性が時々言う「私のどこが好き?」というのは本当に愚問の極みであるとも言える。

男性はその質問に答えたときに、「あれ?でもそれってずっと続くかな?」という真実に気が付き、とくにその女性でなくてもいいかなと思って気落ちが冷めてしまう時があります。

ぶっちゃけ「簡単にxらせてくれるところかな?」と正直に言ってもいいが、まぁそれもそれで問題あるだろう。

ことのとき女性にどう答えればいいかというと「色々あるけど、とりあえずよく気が利くところかな」とかそういう大まかであり抽象的なことを答えてあげればいいと思います。

というよりも、その女性に魅力があればあるほどその答えは抽象的になっていくものだ。

とにかく大事なのはなんでか知らないけど「好き」という気持ちがそこにあるということであるからだ。

好きという気持ちがあればなんでも出来る、愛している気持ちがあればそれでいいんじゃないのか。

もしもたとえその人から本当にいいところが無くなったとしても、それでも好きという気持ちを持っていることが大事なんだろうと思います。

 

f:id:semiya:20170225103548j:plain